授業料のおおよそな相場

幼児教室の授業料相場は

沢山の「?」

現在、日本は少子高齢化が進んでいます。しかし、1人の子供にかける教育費が高くなる傾向にあり、幼稚園受験、小学校受験、中学校受験は年々過熱しているのが現状です。 小学校受験は、親の受験とも呼ばれており、学校側は子供はもちろんですが親の態度もしっかりチェックされます。また学校によってカラーが異なるので、受験対策には幼児教室に通うことが必須となります。幼児教室の授業料ですが、大体2万円から5万円程度のところが相場です。この他に、夏や受験間際には対策教室が設けられます。これらの費用は別になります。また、教材費用も別途かかります。教材には、パズルやドリルが含まれますが受験する学校によって使用頻度は異なります。

バランスよく準備をする

以前は、教育熱心な家庭の場合、中学受験をさせるのが一般的で、どちらかと言うと小学校受験を考えるのは、限られた層でした。しかし、現在は決して限られた層だけでなく、一般のサラリーマン家庭でも小学校受験を希望し幼児教室に通わせる家庭が増え、間口が広がっています。 出題傾向として、どこの学校でも共通で、個人での行動、集団での行動が問われます。ペーパーテストや、個人行動の部分は家庭でのトレーニングで対応可能ですが、集団での行動は幼児教室でないと難しい部分があります。また体操を試験科目に取り入れている学校がほとんどなので、日頃から体を動かすことを日課としておく必要があります。学校側は、総合的な力を見るのでバランス良く準備することが大切です。